• 岡本 洋平

第8回 5Sの重要性

第8回は、生産性向上の基本的概念である「5S」についてお話します。


まず初めに、5Sとは「整理、整頓、清掃、清潔、躾」の頭文字を取ったものであり、生産管理における基本的な取り組みとなります。

私は躾という言葉が嫌いで、「(続けるための)精神力」などと言うこともありますが、いずれにしてもこの5Sは「生産性」と直結しています。


しかし、5Sを続けられる企業はそう多くはありません。

一体なぜでしょうか。


その理由の一つとして、「売上や利益との因果関係が見えにくい」ことが挙げられます。

5Sをやったから売上や利益がすぐ伸びる、というわけはないため、その効果が出始める前に辞めてしまう、ということが大きな要因として考えられます。


では、5Sを続けるためにはどうすれば良いでしょうか。


最も確実な方法は、「トップが諦めない」ことです。

トップが諦めずに続けていると、社員は必ず最後についてきます。

しかし当然ながら、1ヵ月や2ヵ月続けただけでは元に戻る可能性が高くなります。


ホワイト企業として選出された某中小企業では、社員がついてこなくても社長と一部の幹部社員で何ヵ月も清掃を続けました。

その結果、他の幹部社員が一緒に清掃するようになり、それに続いて現場の社員も清掃に参加するようになりました。

最終的に定着するまでに、1年もの期間を要したことを考えれば、いかに「5S」を定着させるのが難しいかお分かりになるかと思います。


ですが、だからといって「5S」をやらずに経営改革を謳ったとしても、その成果は中々現れない、または年月が経つにつれて元に戻ってしまうことが予想されます。

それでも「定着させるまでに1年という期間は長すぎる」、そうお考えになる経営者様も多いかと思われます。


そこで、もっと早く効果が表れる仕組みを構築する必要があります。

私がお勧めするのは、「社長が社員と一緒に自社の仕組みを考える」ことです。

これは経営理念や経営ビジョンの策定でも言えることですが、トップと現場が協働で仕組み作りを行うことは、継続性という観点から非常に効果的な手法です。

「自社は何が問題なのか」「その問題に関してすぐやれることは何か」「どうやってそれを続けていくか」

こういったことを一緒に考え、実行していくことで、トップダウンで行うよりも早期の定着が期待できます。


特にその取り組みを継続していくために、「目に見える結果の提示」や、「続けたことによる評価・表彰」といった制度作りは非常に効果的です。

金銭的なもので結果を求めたり評価するのではなく、「これだけ働きやすくなった」ことの可視化、「いつもみんなが気づかないところで綺麗さを保ってる人」への評価など、少しの工夫で社員のモチベーションは持続します。


たかが5Sですが、されど5S。

綺麗でムダな物がない会社や事務所は、やはり皆さん元気で生き生きしています。

生産性を上げるために、まずはすぐに実行できる「5S」から取り掛かってみてはいかがでしょうか。

最新記事

すべて表示

第24回 価格は高いほうが良いの?

第24回は前回にも関係する部分ですが、「価格」についてお話をしようと思います。 「中小企業にとって他社と差別化し、付加価値を高め、価格競争に巻き込まれないことが重要である」 昨今の中小企業における戦略は大抵こうなります。 おそらくどこのセミナーや講演でもこのような内容になるでしょう。 他社と差別化することと付加価値を高めることは正しいです。 しかし「価格競争に巻き込まれないこと」は必ずしも正解とは

第22回 今どきでない人材との接し方

第22回は、前回とは逆に「今どきでない」人材との接し方についてお話をいたします。 私は昭和57年生まれですが、この年代の前後は非常に活発な方が多いように見受けられます。 飲みに行く、ゴルフをやる、休日を楽しむ、趣味に没頭するなど、何事においても前向きな方が多いのではないでしょうか。 それは仕事でも同じであり、この年代の方々は行動に移すのが速いです。 今回はそういった、一見すると何の問題もなく非常に

第17回 逆三角形型の経営

第17回は従来のトップダウン型経営ではなく、逆三角形型の経営についてお話したいと思います。 第9回でも少し触れましたが、中小企業にとって理想的なのは「ティール組織に近いピラミッド型組織」であると私は考えております。 しかしながら、この形態はトップに求められる経営と倫理のレベルが非常に高いため、中々現実的ではないという側面もあります。 そこでお勧めしたいのが、「逆三角形型の経営」です。 従来は社長が