• 岡本 洋平

第7回 経営理念と経営ビジョン

第7回は経営理念と経営ビジョンについてお話をしたいと思います。


経営理念と経営ビジョンは、企業のアイデンティティを確立するために非常に重要なものであります。

これが明確に定まっていないと、経営戦略や事業戦略の方向性もブレてしまい、結果として利益率が低くなる、顧客や従業員の満足度が低くなるといったような弊害が生まれてしまいます。


しかし経営理念と経営ビジョンは、その重要性にも関わらず経営活動の中で後回しにされたり、もしくは策定する必要性を見出せないといったようなことも多く見受けられます。

その原因としては、直接売上や利益に寄与しないため効果が測定しづらい、本当に経営にとって効果があるのか疑問といったようなことが挙げられるかと思います。


では効果を測定しやすい、比較的早く効果が目に見える経営理念・経営ビジョンはどのようなものでしょうか。

最も効果的なのは、トップダウンだけではなくボトムアップも含めて経営理念・経営ビジョンを策定することであります。

例えば今後の自社像を設定するにあたり、


1.経営者様と従業員の皆様の間で目指すべき方向性は一致しているか

2.お客様と社会、そして自分たちにこれから何を提供していくのか

3.その目指すべき姿に向かって数値目標で計画をしっかり立てているか


このような項目について全社で話し合う機会を設け、時間をかけてでも納得できるものを作り上げることが重要となります。

特に3の数値目標はモチベーション維持のために非常に大切な要素で、「目に見える」結果が伴わないとモチベーションは簡単に下がってしまいます。

理想は大事ですが、現実として理想に向かって前進していることが確認できるように、理想と現実のバランスをうまく保つことが「経営理念・経営ビジョン」の効果的な策定方法であると考えます。


全社的な生産性向上を達成するにあたって、経営理念と経営ビジョンの浸透は大きな要素を占めます。

まだ明確に経営理念・経営ビジョンを策定していないという経営者様は、一度従業員の皆様と話し合う機会を設けてみてはいかがでしょうか。


最新記事

すべて表示

第24回 価格は高いほうが良いの?

第24回は前回にも関係する部分ですが、「価格」についてお話をしようと思います。 「中小企業にとって他社と差別化し、付加価値を高め、価格競争に巻き込まれないことが重要である」 昨今の中小企業における戦略は大抵こうなります。 おそらくどこのセミナーや講演でもこのような内容になるでしょう。 他社と差別化することと付加価値を高めることは正しいです。 しかし「価格競争に巻き込まれないこと」は必ずしも正解とは

第15回 SDGsとビジネスモデル

第15回はSDGsをもとにしたビジネスモデルの構築についてお話します。 自社の利益と紐づけることができず、社会貢献についてあまり前向きになれない経営者の方もぜひご一読することをお勧めします。 長野経営コンサルティングでは6月に入ってからSDGs達成に基づき、「働きがい」を主軸にコンサルティング業務を行うことといたしました。 これは「単なる社会貢献」だけではなく、私どものビジネスモデルを社会貢献とリ

第14回 80点主義の人材、100点主義の経営

第14回は人材と経営における「専門性」についてお話をいたします。 ーーーーーー 「T型の人材」 この言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。 2000年の中ごろから従来のI型人材(専門特化した人材)に代わり、幅広い分野の知見と一つの専門性を保有する人材のことを「T型の人材」などと呼ぶようになりました。 この考えは現在も浸透しており、π型やダブルT型といった「専門性を複数保有する人材」の定義も様