• 岡本 洋平

第20回 セールスライティングの魅力

第20回はセールスライティングについてお話します。


「セールスライティング」という言葉にピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

簡単に言えば、商品を販売するために広告へ掲載する文章などのことを指します。


このセールスライティングは「マーケティングの入り口」とも言うべき要素です。

広告の文章一つ変えるだけで売上が倍増した、そんな事例も沢山見かけます。


ですが、このセールスライティングを習得するには困難を極めます。

ライティングの型が分かっていても、文章というものは少なからず「センス」が問われるからです。


実は私もセールスライティングに関しては非常に苦手意識を持っています。

私に限らず経営コンサルタントと呼ばれる方々は、セールスライティングが「苦手」である方が多いように見受けられます。


そんな私が取り入れている手法が「真似る」ことです。

センスのある文章を真似て自分で書いてみる、これはセールスライティングにおいて基本中の基本であると考えます。

さらに言えばメンターのような方にチェックをしてもらうのが良いでしょう。


ではセンスのある文章とは何か?ですが、それは単純に「自分が大して興味を持っていなかったのに、読んだら思わず引き込まれた」商品の文章です。

当然ですがそれは「買いたい」という感情を持たせた、まさに教科書的な文章です。


「真似」と言うと躊躇される方もいらっしゃるかと思います。

ですが絵画でも模写が効果的なように、文章も真似ることは上達への近道です。

実際に世界的なマーケッターの方々も「真似る」ことから始めています。

それだけ先人の知恵というのは偉大で、効果があるということになります。


どの世界においても「独学」というのは非常に効率が悪いです。

ですが多くの方はこの「独学」という迷路にハマってしまいます。

こういった場合には、素直に「真似る」ことから始めるのが最短ルートであると私は考えます。

最新記事

すべて表示

第19回 販促費、かけてますか?

第19回は、よくコスト削減のやり玉にあげられる「販促費」についてお話をしたいと思います。 販促は企業にとって絶対に必要なものです。 なぜなら、知られていない商品やサービスは「存在しない」のと一緒であるからです。 しかし、販促費は時に無駄なコストとなってしまうことがあり、コスト削減の対象となるケースもあります。 確かに効果のない販促は無駄なコストですが、しかし販促をやめると今度は存在しないものとなっ

第18回 ブランディングの基礎と注意点

第18回はブランディングについてお話いたします。 ブランドには様々なものがあります。 例えば企業そのものがブランドとなっているもの(ルイ・ヴィトン、メルセデスなど)。 商品やサービスがブランドとなっているもの(iphone、リッツカールトンなど)。 そして、何かをプラスして付加価値を高めるもの。 中小企業が狙いやすいのは最後の「何かをプラスして付加価値を高める」ですが、ここには落とし穴があります。

第14回 80点主義の人材、100点主義の経営

第14回は人材と経営における「専門性」についてお話をいたします。 ーーーーーー 「T型の人材」 この言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。 2000年の中ごろから従来のI型人材(専門特化した人材)に代わり、幅広い分野の知見と一つの専門性を保有する人材のことを「T型の人材」などと呼ぶようになりました。 この考えは現在も浸透しており、π型やダブルT型といった「専門性を複数保有する人材」の定義も様

お電話&FAX

TEL:026-405-2178

FAX:026-405-7361

メールお問い合わせ

info@nagano-mc.com

©2019

NAGANO MANAGEMENT CONSULTING

ALL RIGHT RESERVED