• 岡本 洋平

第15回 SDGsとビジネスモデル

第15回はSDGsをもとにしたビジネスモデルの構築についてお話します。

自社の利益と紐づけることができず、社会貢献についてあまり前向きになれない経営者の方もぜひご一読することをお勧めします。


長野経営コンサルティングでは6月に入ってからSDGs達成に基づき、「働きがい」を主軸にコンサルティング業務を行うことといたしました。

これは「単なる社会貢献」だけではなく、私どものビジネスモデルを社会貢献とリンクさせる目的があります。


SDGsについて多くの方が誤解していらっしゃるのが、この「単なる社会貢献」という意味合いです。

実際に10年前まではCSR(企業の社会的責任)という言葉が主流を占め、どちらかというと社会貢献は企業の責務であり、その責務で儲けてはいけないというような風潮でした。

ですがSDGsの各取り組み(全部で17)は「持続可能性」を前提としているため、社会的課題を解決しながら企業としての利益を追求するという方向に舵を切っております。

このため、一つの取り組みごとに市場規模が100兆円前後から数百兆円規模に上るという試算も出ています。


この市場規模に至る要因としては、主に次の3つが挙げられます。


  1. 世界の共通目標であること

  2. 巨大企業を中心に取り組みが盛んになりつつあること

  3. 投資がSDGsを推進している企業に向かっていること


これらの要因をもとに、昨年あたりから急速にSDGs推進の流れが進んでおります。

数年後にはこの流れが主流となり、SDGs推進企業のネットワークが確立されると予想されます。


ですので、自社のビジネスモデルに合わせて「今」SDGsの取り組みを行うことは、単なる社会貢献に留まらず自社にとっても非常に大きなビジネスチャンスとなります。


では、SDGsを自社に取り入れるにはどうしたら良いでしょうか。


それは非常に簡単なことで、例えば17の取り組みのうち1つでもいいので自社で取り組む目標を定めます。

中小企業の成功事例として取り上げられているのは印刷業の「大川印刷」で、この企業では環境印刷に集中して商品やサービスを展開しています。

これだけだと「うちもやってるよ」という声が聞かれそうですが、ここで大事なのは「SDGs達成に向けて自社のビジネスモデルを構築している」ことにあります。


これはブランディングの一種でもあり、ただ単に「環境に配慮しています」というフレーズと「SDGs達成に向けて環境印刷を行っています」では付加価値が全く異なります。

商品やサービスだけでなく、他にも「ゴミ削減」や「働きがいの向上」などもSDGsに紐づけして行うことで、世界共通の目標に向けて進んでいる企業であるという「付加価値」が生まれます。


この付加価値は現在も大きな訴求ポイントですが、あと数年もすると「非常に大きな」差別化のポイントになると私は予想しています。

なぜなら、先ほども申し上げた3つの要因のうち、「投資」に関する流れがSDGs推進企業に流れ始めているからです。


  • 国や自治体、金融機関などがバックアップする企業

  • そうではない企業


どちらが有利であるかは比べるまでもありません。

この流れを先取りするためにも、「今から」SDGs達成の取り組みを行うことで「先行企業の利益」を得ることができます。


特に長野県では自治体を挙げてこの取り組みを推進しています。

ならば流れに乗ることがビジネスチャンスであり、また社会貢献になるということは皆様もお分かりになるかと思います。


もう一度申し上げますが、SDGsは「単なる社会貢献」だけではなく「ビジネスとして社会的課題を達成する」という認識を持つ必要があります。

しかもその課題は身近なところから解決できるものもあります。


そのような認識を持っていただき、まだ浸透していない今のうちだからこそSDGsの推進を考えてみてはいかがでしょうか。






最新記事

すべて表示

第24回 価格は高いほうが良いの?

第24回は前回にも関係する部分ですが、「価格」についてお話をしようと思います。 「中小企業にとって他社と差別化し、付加価値を高め、価格競争に巻き込まれないことが重要である」 昨今の中小企業における戦略は大抵こうなります。 おそらくどこのセミナーや講演でもこのような内容になるでしょう。 他社と差別化することと付加価値を高めることは正しいです。 しかし「価格競争に巻き込まれないこと」は必ずしも正解とは

第14回 80点主義の人材、100点主義の経営

第14回は人材と経営における「専門性」についてお話をいたします。 ーーーーーー 「T型の人材」 この言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。 2000年の中ごろから従来のI型人材(専門特化した人材)に代わり、幅広い分野の知見と一つの専門性を保有する人材のことを「T型の人材」などと呼ぶようになりました。 この考えは現在も浸透しており、π型やダブルT型といった「専門性を複数保有する人材」の定義も様

第12回 売上と利益と引き上げる6つの法則

第12回は売上と利益に直結するお話をいたします。 ~売上と利益を増やす~ おそらくほぼ全ての経営者の方がこれを望んでいることかと思われます。 しかし私の経験上では、売上と利益を引き上げたいけど中々そう上手くはいかない、といった声を多く頂きます。 そこで、私が提唱している「売上と利益を引き上げる6つの法則」をご紹介します。 ①すぐに行動する ②外部に頼る ③人を大事に ④根気よく続ける ⑤常識を疑う

お電話&FAX

TEL:026-405-2178

FAX:026-405-7361

メールお問い合わせ

info@nagano-mc.com

©2019

NAGANO MANAGEMENT CONSULTING

ALL RIGHT RESERVED