• 岡本 洋平

第1回 経営戦略の基礎

最終更新: 2019年5月24日




経営に関するあらゆる情報を発信していきたいと思います。

第1回は経営戦略の基礎をお届けします。


「経営戦略」では様々なフレームワークが活用されますが、その中でも基礎となるものが「ドメイン」です。


ドメインとは簡単に言えば「企業が活動する範囲や領域」のことであり、

・全社的な視点で策定する「企業ドメイン

・事業レベルで策定する「事業ドメイン

があります。


「誰に・何を・どのように」提供するかを策定することで自社の戦略としての方向性が定まり、企業の一貫性や従業員の士気向上などに繋がります。

単一事業で経営されている場合は、企業ドメインと事業ドメインを同一にするのが一般的です。


しかしながら、このドメインは「モノ」を中心に定義すると、新しい市場や製品を見落とす結果にもなりやすいので注意が必要です。


例えば中古車販売店で、

「県内と近隣のお客様に」「手ごろで品質の良い中古車を」「自社の仕入れネットワークと良質なアフターサービスを通じて提供する」というドメインを定義したとします。

この場合、標的となる顧客は県内と近隣である程度絞り込んでおりますが、肝心の製品面では「手ごろで品質の良い中古車」という「モノ」を中心としたドメインになっております。

こういったドメインは特徴が無く、「その他のありふれた企業」に埋没してしまう可能性をはらんでいます。


では、どのようにドメインを考えれば良いでしょうか。

そこで大事なのが「コト」を中心としたドメインの定義です。


例えば上記中古車販売店の例で、「全国の〇〇車好きに」「昔の〇〇車によるドライビングの楽しさを」「インターネット販売と万全のフォロー体制を通じて提供する」というドメインを新たに定義してみましょう。

ここで大事なのは、「〇〇車でしか味わえない、夢中になれるドライビング」を顧客に提供するという、「コト」を中心とした発想に変わっていることです。


「コト」を中心としたドメインを定義したことにより、全国でも数少ない「昔の〇〇車を通じてドライビングの楽しさを提供するお店」となりました。

当然ながら企業側も自分たちが得意とする車のみを扱うため、サービス品質や顧客への提案も満足いくものとなります。

そのため顧客の口コミを誘発し、営業をかけずとも勝手に車が売れていく、という好循環が生まれます。


いかがでしょうか。

夢みたいな話ですが、実際にこのような企業は複数存在いたします。

「モノではなくコト」で発想するドメイン、今後のデジタル社会でさらに重要性が高まりますので、

経営者の皆様も一度お考えになってみてはいかがでしょうか。


最新記事

すべて表示

第24回 価格は高いほうが良いの?

第24回は前回にも関係する部分ですが、「価格」についてお話をしようと思います。 「中小企業にとって他社と差別化し、付加価値を高め、価格競争に巻き込まれないことが重要である」 昨今の中小企業における戦略は大抵こうなります。 おそらくどこのセミナーや講演でもこのような内容になるでしょう。 他社と差別化することと付加価値を高めることは正しいです。 しかし「価格競争に巻き込まれないこと」は必ずしも正解とは

第15回 SDGsとビジネスモデル

第15回はSDGsをもとにしたビジネスモデルの構築についてお話します。 自社の利益と紐づけることができず、社会貢献についてあまり前向きになれない経営者の方もぜひご一読することをお勧めします。 長野経営コンサルティングでは6月に入ってからSDGs達成に基づき、「働きがい」を主軸にコンサルティング業務を行うことといたしました。 これは「単なる社会貢献」だけではなく、私どものビジネスモデルを社会貢献とリ

第14回 80点主義の人材、100点主義の経営

第14回は人材と経営における「専門性」についてお話をいたします。 ーーーーーー 「T型の人材」 この言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。 2000年の中ごろから従来のI型人材(専門特化した人材)に代わり、幅広い分野の知見と一つの専門性を保有する人材のことを「T型の人材」などと呼ぶようになりました。 この考えは現在も浸透しており、π型やダブルT型といった「専門性を複数保有する人材」の定義も様

お電話&FAX

TEL:026-405-2178

FAX:026-405-7361

メールお問い合わせ

info@nagano-mc.com

©2019

NAGANO MANAGEMENT CONSULTING

ALL RIGHT RESERVED